大手住宅メーカーが建てる明石の新築一戸建て

明石では、大手住宅メーカーによる新築一戸建ての建築が盛んです。

大手住宅メーカーの建てる住宅は構造において分類が可能です。

大きく分けると、木造の在来工法、2×4工法、軽量鉄骨プレハブ工法に分けることができます。
鉄筋コンクリートパネル工法やその他の特殊な工法もありますが、数は多くありません。



明石で新築一戸建てをて建てる場合は、豊富な大手住宅メーカーのバリエーションから選ぶのが、一般的な選択です。



さらに大手住宅メーカーの住宅は、価格により分類することができます。大手住宅メーカーが建てる住宅は、一般の工務店が建てるものよりも高く、高級志向が見られます。

一方、工務店と同等か、或は、安い住宅を提供するメーカーも存在します。



大手住宅メーカーの建てる低価格の住宅は、別途工事の部分が多く、後で追加料金が発生する場合があります。
低価格を選ぶのであれば、地元の工務店に依頼したほうが健全です。

高級志向の強い大手住宅メーカーの住宅は、仕上げ材や設備機器にお金をかけています。一方、耐久性に関しては軽視している傾向があります。


2×4工法や、軽量鉄骨プレハブ工法は、軽いので地震に対しては丈夫です。

しかし、50年以上使い続けると、不都合な部分が発生します。
工務店が提供する木造の軸組み工法は、大切に使えば、100年以上の耐久性を誇ります。

屋根を瓦にし、シロアリ対策を厳重に行えば、木造の軸組み工法は圧倒的な耐久性を誇ります。

明石で新築一戸建てを考える場合は、大手住宅メーカーの長所と短所を知り、損の無い選び方をしたいものです。