粒ぞろいの明石の分譲住宅

明石の分譲住宅は品質が向上しています。一頃の建売は、注文住宅と比べて見劣りがしていましたが、今は注文住宅jと肩を並べます。

明石の分譲住宅では、さまざまな新しい試みがなされています。


間取りは家族が一体感の持てるプランが採用されています。



玄関を入ってすぐに2階へ上がるのではなく、リビングで家族の顔を見てから上がっていく配慮がされています。
主婦の仕事がしやすいように、キッチンの近くに浴室と洗濯室を設け、動線と短くしています。収納スペースもたっぷりとられ、余計な家具を配置しなくて済みます。
断熱材は十分に入れられ、冷暖房の効率が上がります。

goo ニュース情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

明石の分譲住宅は、敷地ごとに違うタイプ住宅が展示されています。



明石の分譲住宅を選ぶには、早めに現地を訪れて、自分の好みに合うプランを探してみるべきです。
早く現地を訪れることで、最適な住宅を手に入れることができます。
分譲住宅の欠点は、建築している過程がチェックできないことです。


その対策として、長期優良住宅の認定を取っているかや、住宅性能表示制度の等級をとっているかを確認する方法が考えられます。


特に、地震の多い日本列島では、十分な地震対策が必要です。
耐震等級3を確保することで、地震に対しても安心できます。明石ではクルマを使う頻度も増えてきます。

駐車場のスペースは、できれば2台分は必要です。
追加工事変更はなるべく避け、引渡しを受けた後、別の業者に依頼する方が安く済みます。