瀬戸内海を見渡す明石の新築一戸建て

気候が温暖な瀬戸内海に臨む明石は居住環境に恵まれた場所です。

敷地選びは低地を避け、安全な高台を探し、資産価値の目減りを減らしたいものです。
明石で新築一戸建てを建てる場合のポイントは、依頼先選びです。住宅は、依頼先により出来がまったく異なります。


長く使い続けることができる住宅は、そう多くはありません。新築一戸建てを成功させるのは、それほど難しいと言えます。


失敗の原因となるのは住宅を商品と考える考え方です。


住宅は商品として購入するものではなく、自分でつくるものです。
自分でつくると言っても、工事を自分で行うことはありません。
しかし、自分が主体となって住宅をつくる気概は失ってはなりません。
商品としての住宅の代表的なものに、大手住宅メーカーが建てる住宅があります。


営業マンのサービスが行き届き、見栄えが良い住宅は消費者の心をつかみます。

しかし、大手住宅メーカーの住宅は、建築後10年を過ぎた頃からほころびが見え始めます。
カラーベストの屋根は、その頃には汚れが目立つようになります。



内部の仕上げも破損が目立ち始め、新築の頃の輝きはなくなります。
一方、自分が事業主体となって工務店とともに建てた家は、10年を過ぎた頃になじんできます。

OKWave情報のお得な利用法をお教えします。

瓦屋根は10年たってもびくともせず、黒光りした輝きが近所の話題となります。



無垢材の仕上げはやっと反りや収縮が収まり、ストレスを感じなくなります。

今後、100年は使い続けることができる余裕が住宅から感じられます。
明石で建てる新築一戸建ては、建築時の苦労を厭わず、地元の工務店と共に建てることが、良い住宅を手に入れることにつながります。